大阪市天王寺区上汐3丁目6-14 TEL06-6772-1002大阪市天王寺区上汐3丁目6-14 TEL06-6772-1002

シニア犬(7歳以上のワンちゃん)

7歳を超えたら半年に1度の健康診断を

7歳を超えたワンちゃんは人でいうと40歳代(小型・中型犬)~70歳代(大型犬)に相当するといわれています。
一般に動物はがまん強く、痛みを訴えることができないので、飼い主様がギリギリまで不調に気づきにくい傾向があります。そのため健康診断を受けて状態を把握してあげることがとても大切です。高齢になれば半年に1回程度を目安にしましょう。

このページでは7歳以上のワンちゃんとの暮らしで気を付けていただきたいことを記載しています。
基本的な予防や病気については、「ワンちゃんの健康管理」についてのページをご覧ください。
» ワンちゃんの健康管理
» 6歳までのワンちゃん

人と犬の年齢換算表(目安)

人間 44歳 48歳 52歳 56歳
小型・中型犬 7歳 8歳 9歳 10歳
大型犬     7歳  
人間 48歳 52歳 56歳 60歳
小型・中型犬 11歳 12歳 13歳 14歳
大型犬 8歳   9歳  

こんな症状ありませんか?

下記のチェックリストが1つでも当てはまる・気になることがある場合は診察時にお尋ね下さい。
健康な状態でも、年に1回は定期健診を受けましょう。

健康チェックリスト 病気・治療でのサポート
・体重の減少がある
・水を飲む量が増加してきた
・嘔吐する頻度が増加してきた
・食事の嗜好性が変化してきた
・糞便の色が変化してきた
・尿の回数や量が多くなってきた
・尿の回数や量が少なくなってきた
・歯肉からの出血などの異常がある
・食事の際に食べ物を口からこぼす
・目からの分泌物の色が変化してきた
(白・黄色・血の混じったような茶色)
・耳の内部が汚れている
・被毛の状態が変化してきた
(乾燥・ツヤが無い・フケ・脱毛)
・寝る時間が長くなってきた
・物事への関心が低下してきた

シニアのワンちゃんへの当院の取組み

シニアのワンちゃんへの当院の取組み

シニア動物全般に対応するシニア科を開設

当院ではシニアのワンちゃんに向けた取組みとして、シニア動物全般に向けた獣医療をご提供するシニア科を開設しています。シニア科では下記のように生活面のサポートから、獣医療面でのサポートまで幅広く対応させていただいております。
» シニア科の詳細はこちら

生活のサポート 病気・治療でのサポート
» 生活スタイルのご相談
» 食事管理のご相談
» 認知症のご相談
» 一時預かり(デイケア)
» 関節のご相談
» 口腔ケアのご相談
» シニアのワンちゃんに優しい診療
» 病気の早期発見のための定期検診
» 負担の少ない検査
» 負担の少ない治療
» 負担の少ない手術
» セカンドオピニオン

4大予防をしっかりと継続しましょう

毎年、4大予防(①狂犬病予防接種、②ワクチン接種、③フィラリア予防、④ノミ・ダニ予防をキッチリと継続しましょう。これらの予防はワンちゃんの健康の基本となります。
» 4大予防の詳細はこちら

シニア期の健康診断の重要性

シニア期の健康診断の重要性

健康な時期の検査数値を把握しておく

定期的に健康診断を受けておくと、健康な時期の検査数値を把握しておくことができます。教科書などに記載のある「標準的な検査数値の範囲」は存在しますが、動物個々でその正常値が異なります。健康時のデータを把握していればその子の適正範囲が分かりますので、異常があった場合にも安心です。

シニア期は生活スタイルが変わっていきます

年を重ねるにつれて、徐々に様々な機能や免疫力が弱くなっていくため、生活環境、習慣も、体の変化に合わせて変えていく必要があります。病気だけではなく認知症の可能性などもありますので、日頃の生活の様子も合わせて獣医師にご相談ください。

早期発見、早期治療が重要です

心臓や腎臓の病気、がんなどは、発生した初期段階では症状があまりないため、健康診断での早期発見が大切です。痛みなどの症状が出るころには手遅れとなっているケースもあります。定期的に健康診断を受診していただくことで、病気の早期発見を行うことができます。

シニア特有の病気を見つける検査項目

健康診断では、身体検査はもちろん、血液検査やレントゲン検査、エコー検査などを組合わせて行っていきます。腎臓疾患、心臓疾患、腫瘍などの特に高齢期に多い病気でも血液検査で見つけることができるようになってきました。これらは麻酔などをかけることもないため、動物への負担も少なくて済みます。定期的な検査を行ってあげましょう

加齢に伴う体の変化

加齢に伴う体の変化

口腔内の変化

この年代になると、定期的なデンタルケアをしていない限り、歯石の付着や歯周病などのお口のトラブルを抱えている子が増えてきます。放っておくと、悪臭の原因だけでなく心臓病の原因にもつながることもあります。当院では口腔内の状況を調べる簡易デンタルチェックから、食事療法、歯磨き指導、歯石除去処置(スケーリング)なども行っております。毎日の食事を美味しく食べるためにも口腔内の状態をチェックしてあげましょう。

関節の変化

年をとると、若い頃に比べ動きが悪くなり、遊ばなくなることもあります。これを老化現象と勘違いしがちですが、関節の軟骨部分がすり減ったり破壊されたりして、股関節・肘・膝・肩など様々な関節に痛みが出る「変性性骨関節症」という病気である可能性もあります。お散歩時などに注意して観察してあげましょう。

心臓の変化

心臓は生命を維持する上でとても大切な臓器のひとつです。しかし、特にチワワやシーズー、マルチーズなどの小型犬は「弁膜症」という病気になりやすいといわれています。弁膜症とは心臓の中にある4つの部屋を分ける弁(ドアのようなもの)が上手く働かなくなり、血液を全身に送る事ができなくなってしまう病気です。咳をするようになった、お散歩の途中で疲れやすいなどの症状が出てきます。一度心臓病になると完全に治すことは難しいですが、早期発見することでお薬や処方食での治療を始めれば進行を遅らせることができます。
» 循環器専門外来の詳細はこちら

眼の変化

加齢と共に眼の中心が白っぽくなる変化に「白内障」と「核硬化症」があります。核硬化症は水晶体というレンズが硬くなり、すりガラス状に見えるようになる老齢性の変化です。見えづらくなりますが、失明はしないため生活に支障は出にくいです。同じような眼の見え方で気をつけなければならないのが白内障です。進行すると視力低下や失明したり、炎症を起こすと痛みを伴ったりします。白内障を早期に発見できれば進行を遅らせる点眼薬もあります。

腫瘍ができやすくなる

ワンちゃんの死因第1位はがんです。加齢と共にがんはできやすくなり、比較的異常を確認しやすい体の表面にできるがんもあれば、肺・肝臓・骨など眼に見えない臓器のいたるところにできるがんもあります。特に肝臓や脾臓などはがんができても症状が出ることはなく、気づいた時には手遅れということもよくあります。がんを早期に発見できれば手術、抗がん剤、放射線治療などで完治または進行を遅らせることができます。
» 腫瘍専門外来の詳細はこちら

  • 上本町どうぶつ病院 総合案内サイト
  • スタッフ採用情報 特設サイト
  • 犬・猫の病気 特設サイト

▲ページトップ